自分がワキガかどうかチェックする方法

ワキガは、多くの人が自分がそうであるかわからないまま周囲の人たちに、その臭いで迷惑をかけている場合が多いのです。

しかしなんとなく汗をかいたりすると、独特なワキガの臭いがフッすることがあって、もしや?と気づく人もいます。病院にわざわざ行ってまで、ワキガであるかどうかの診断を受けたくないという場合は、ワキガの自己診断が可能です。

まずワキガは優勢遺伝ですから両親やもしくは、そのうちの片方だけがワキガであると50パーセント以上の確率で子供にも遺伝してしまいます。ですから親がワキガならば自分もワキガである確率が高まるので大きなチェックポイントとなります。

次のポイントとしては、白いシャツやブラウスの脇部分が黄色く変色してしまう人は要注意です。この黄色い色はワキガの臭いを出すアポクリン腺から出てくる汗の色なのです。アポクリン腺が多いとワキガの可能性が高まります。

最後に、耳垢チェックがかなり正確だと言われています。自分の耳垢がカサカサタイプかねっとりタイプかによってワキガ体質かどうかがわかるのです。ねっとりタイプの耳垢の場合は耳の中のアポクリン腺が多い、活性化しているという意味です。ですからかなりの高確率でわきがであることがわかっています。

以上が主なワキガチェック方法です。わかりやすくすぐに自分がワキガ体質であるかが判断できるのでもし当てはまるものが多ければ効果的なワキガ対策をすぐ始めましょう。

ワキガのケアの方法とエチケット

ワキガは、大きなコンプレックスの一つです。ワキガは周りに迷惑かけてしまいますので、改善をする必要があります。

改善策として医師に相談する事が一番良いと思います。しかし、普段の生活の中でワキガをケアする事は可能です。

ワキガのケアをする前にワキを清潔に保つ事が肝要です。外出前には入浴をして良く洗います。入念にワキ周辺を洗い良いよく乾かす事が大きなポイントです。その後に脇の臭いを抑える塗り薬を塗ります。

塗布する事で脇の臭いを抑えることが出来ますが、夏場などの汗をかきやすい時期や汗をかきやすい体質の人は注意が必要です。出先で脇の臭いを気にしないために、ワキガ対策グッズを常備する事が肝要です。

オススメは制汗スプレーです。制汗スプレーはフレグランス効果のあるスプレーもあるのでバリエーションは楽しめます。コンビニやドラッグストアで気軽に購入する事が出来るのでオススメです。

ボディペーパーも市販されているので併用して使う事がオススメです。爽快感も味わう事が出来るので、夏場などは重宝します。

ワキガを抑える事は自分の意識を高める事が大事です。社会人になると初対面の印象やエチケットとしてケアする事がルールなので気を付けた方が良いです。

思春期から悩んでいたわきがが緩和

私は女性なのですが、第二次性徴でわき毛が生えてきてからわきの匂いが気になりだすようになりました。

中学生になると、割と活発な運動部に入部したのですが、運動して汗を掻くと余計わきの匂いが気になるため、いつも近寄ってくる友達に不快な思いをさせていないか不安で仕方がありませんでした。

わきの処理をこまめにするようになってもどうしても悩みは消えませんでした。調べてみると、わきがはれっきとした病気らしく、また遺伝らしいと知り、手術しないと治らないのかと、当時思春期だった私は絶望したのを覚えています。

それからは、何をしてもダメだったなら手術があるではないかと前向きに考え、ネットでわきが改善方法を徹底的に調べ、隅から隅までやってみることにしました。

調べた結果、まず知ったのはわき毛の処理はしすぎては逆効果だったということです。わきがを気にするあまり肌が傷ついてしまう可能性があるということで、わき毛の処理の頻度を抑えるようにしました。

あとは食生活の改善が一番効いたかなと思います。思春期で、高校生まで部活で運動もしていて食欲旺盛だったので、ジャンクフードや甘いものが大好物だったのですが、野菜を摂るようにしたりお肉を控えたりするようになりました。

そうすると、身体も痩せてきて体質がいくらか変わったようでした。

今では一番気になっていた頃よりは気にならなくなっています。ですが完全に治ったわけではないので、食生活や生活リズムを気にして、清潔を保つように心がけることによって対策をしています。

わきがと食事の関係性・臭いを軽減する食事とは?

食事とわきがの関係については、昔から影響がある・ないと言われてきましたが、結論からいうと食事はわきがの臭いに影響を与えます。

ただし、食生活の影響でわきがになるという訳ではなく、食事がわきがの臭いを強烈にする場合があるという事です。

そのためわきがで悩んでいる人は、食生活を変えるだけでわきがの臭いが今よりも気にならなくなる可能性があります。

もちろん、食事がわきが体質の根本的な原因ではありませんから、食事を変えただけでわきがが完璧に治るというものではありません。
しかし、わきがに悩んでいるのなら食事を見直す価値はあります。

動物性タンパク質や脂肪、糖分などに加えて臭いの強い香辛料などもわきがの臭いをキツくします。
簡単にいうと欧米風の食事は、わきが体質の人にとっては良くないという事です。
逆に野菜やアルカリ性の食品は、わきがの臭いを軽減するのに役立ちます。

もちろん、完全に動物性タンパク質などを排除するのは難しいですし、野菜やアルカリ性食品ばかりを食べるのも栄養が偏ってしまいます。
ただし現代人は、普段の食事から脂質や糖分を摂取し過ぎている傾向にあるのでバランスの良い食事を心掛けつつ動物性タンパク質や脂肪分の多い食事は普段より控えめにすると丁度良いですね。

わきが臭をどうにかしたいのでしたら、わきが用石鹸がおすすめです。

わきがが気になるという人も案外多いと思いますが、対策に消臭剤しか使っていないなんて人もいるようですね。確かに消臭剤はその場では臭いは消えます。

ですが、しばらく経つとまたわきが臭が復活してきてしまいがちです。そこでおすすめなのがわきが用石鹸です。

参考記事:わきが対策予備校

わきが用石鹸の良いところは、誰にも気づかれずにわきが対策ができるということです。見た目は普通の石鹸と同じですので、親と同居していようが恋人と同棲していようが、奥さんや旦那さんがいようが関係ありません。

石鹸はお風呂場にあって当たり前のものですし、わきが用石鹸だからといって特別な何かがあるわけではないのでまずバレません。

もちろん効果も高いです。わきが用の石鹸は消臭効果に加え抗菌、殺菌効果もあり、わきが菌を減らしてくれますので長時間臭いを抑えてくれます。完全にはわきがは治りませんが、毎日専用の石鹸を使うことで徐々に臭いは薄くなっていきます。

ですので、わきが用石鹸を毎日使いわきが臭を弱めておいて、そこに消臭スプレーを使えばわきがの臭いは一日中気になることも無くなると思います。

わきが用石鹸は衣類などに付いたわきがの臭いも除去してくれますので、ぜひ試してみて下さい。軽度のわきがであればわきが用石鹸だけでも十分対策が出来ます。

ワキガの臭いには制汗クリームがオススメ!

もしかしてワキガじゃないかと悩んでいる人は多いでしょう。あなたもその一人かもしれませんね。まわりの人に臭いで迷惑をかけていないか不安になりますよね。

ワキガというのは、アポクリン汗腺から出る汗が細菌に分解される時に臭いが発生されます。ですから、臭いを抑えようと思ったらワキを清潔にすることが大事です。

こまめにお風呂に入ることも重要ですし、脇汗シートで汗を拭き取ることも必要です。その他にも汗を抑える制汗クリームなども人気となっています。

制汗クリームはたくさんありますが、やはり薬局で購入できるものよりも通販で購入したもののほうが効果があります。薬局に売っているものは、ワキガの臭いではなくて汗の臭いを抑えるものが多いです。

ワキガに特化した制汗クリームは、通販のほうが多く販売されています。

もしくは、海外製を使うのもアリです。外国人の方は日本人よりも体臭がキツイです。そういった体臭がキツイ人向けに作られているので、ワキガの臭いも抑えることができます。

ワキガの臭いが気になる方は、まず制汗クリームをお試しください。ただ、制汗クリームを塗る際には、しっかりとお風呂に入って汚れを落としてから使用するとさらに効果的です。

わきが対策に有効だったもの

sweat-1576382_640

私は一時期ワキガかもしれないと思い悩んでいた時がありました。その時に私が行ったものを紹介させていただきます。

臭いの原因となってくる汗をできるだけかかないようにしようと考えた私は日々の生活の中のあらゆる場面で汗に気を使いました。冬などの季節は深く考えずに済みますが夏になると外へ出るだけでもじんわりと汗がでてきてしまいます。なのでまず初めに汗を止めるためのクリームを購入しました。外出する前に必ずそのクリームを塗り長時間の外出の際は途中でトイレなどに行きクリームを塗りなおすようにしていました。

クリームを塗るということはものを使って外側を守るということなんですが、その他にも生活習慣や食生活の見直しも行っていきました。特に食べ物は臭いに影響すると何度か耳にしたことがあったので変えていったところです。私はラーメンなどの濃い食べ物やジャンクフードがかなり好きだったのでできるだけそれらを控え体に優しいものを多く取り入れるようにしていきました。

上記二つのことを特に心がけて生活を続けていたところ完璧に臭いがなくなるということにはなりませんでしたが、以前よりかなりましになりほとんど気にならない状態までもっていくことができました。