自分がワキガかどうかチェックする方法

ワキガは、多くの人が自分がそうであるかわからないまま周囲の人たちに、その臭いで迷惑をかけている場合が多いのです。

しかしなんとなく汗をかいたりすると、独特なワキガの臭いがフッすることがあって、もしや?と気づく人もいます。病院にわざわざ行ってまで、ワキガであるかどうかの診断を受けたくないという場合は、ワキガの自己診断が可能です。

まずワキガは優勢遺伝ですから両親やもしくは、そのうちの片方だけがワキガであると50パーセント以上の確率で子供にも遺伝してしまいます。ですから親がワキガならば自分もワキガである確率が高まるので大きなチェックポイントとなります。

次のポイントとしては、白いシャツやブラウスの脇部分が黄色く変色してしまう人は要注意です。この黄色い色はワキガの臭いを出すアポクリン腺から出てくる汗の色なのです。アポクリン腺が多いとワキガの可能性が高まります。

最後に、耳垢チェックがかなり正確だと言われています。自分の耳垢がカサカサタイプかねっとりタイプかによってワキガ体質かどうかがわかるのです。ねっとりタイプの耳垢の場合は耳の中のアポクリン腺が多い、活性化しているという意味です。ですからかなりの高確率でわきがであることがわかっています。

以上が主なワキガチェック方法です。わかりやすくすぐに自分がワキガ体質であるかが判断できるのでもし当てはまるものが多ければ効果的なワキガ対策をすぐ始めましょう。